街角エコステーション街角エコステーション

エコカーの時代になって、街中で車の充電ができる場所が増えてきましたね!
TOP PAGETOP PAGE > >> 父が14年ほど乗ったワゴン車を買い替えしようと
父が14年ほど乗ったワゴン車を買い替えしようと

父が14年ほど乗ったワゴン車を買い替えしようと

父が14年ほど乗ったワゴン車を買い替えしようとしていました。



顔見知りの車買取業者に、ワゴン車を見てもらうと、ずいぶん年数も古いし、劣化も激しいとのことで、廃車にした方が良いと薦められてしまい、結局買い取りはできませんでした。
しかし廃車にすると諸費用もかかるので、私の父はその車を査定業者へ引き取ってもらっていました。中古の車を売却するにあたっては、自分の車がどれほどのか価格で買い取ってもらえるのか気になるところです。自動車の市場での価格を知るため最も良い方法かまとめて見積もりを依頼することです。

様々な買取業者によって査定してもらうことが可能なので、自身の所用する車の相場を把握することが可能です。


スマホ、パソコンから気軽に申し込めて手続きもシンプル、楽々です。以前、知っている人の中古販売業者の人に、12年使用した車を査定してもらいました。


ほぼ廃車同然だと言われてしまい、値段をつけてもらえるかどうか心配でしたが、3万円で下取りしてくれるということでした。のちに、その車は修理を経て代車などに使われという話です。



車を高値で売るためには、様々な条件があります。
年式や車種、車の色などは特にしっかりと見られます。新しい年式で人気の車は査定額もあがるのです。

また、同じ年式、車種でも、カラーバリエーションによって価値が違ってきます。通常、白、黒、シルバーの車は高値で売ることができます。
車を売却査定する時には、あらゆる書類が必要となります。車検証に発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主に必要で、他にも、実印なども準備が必要です。
また、お店にて書く書類として、譲渡証明書、委任状などがあります。
名義人の違う車を売る場合は、必要な書類はどのようにするのでしょうか。

基本的に車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などといった書類が最低限いります。
さらに所有者の同意書、委任状および譲渡証明書などの書類も揃えておく必要が出てくるのです。実際、自分の車を売る場合と比べると、少し面倒でしょう。車を売ろうとしたときにまず気になるのはどのくらいの買取金額になるか、ですね。



金額が思ったよりも低かったらガッカリします。車の査定を出してもらっても、査定金額に不満があるのなら、その業者で売る必要はありません。
車を売ったあとから売るのをやめておけばよかったと後悔しても遅いので、一般的な相場価格よりも安いと思ったら他の査定業者にも査定を出してもらうようにしたほうがよいです。
車を売却するときに、車検が切れていてどうしたらいいんだろう?と思うことがあります。車を少しでも高く売ろうと考える場合、とりあえず、車検に出すべきではないか?と考える人もいるかもしれません。

でも、それは間違いなのです。

もし車検に出したとしても、それに見合うほどの買取金額や査定額の上乗せは期待できないのです。結局、高くならないなら、車検切れの状態で査定を受けた方が総合でみてお得なのです。中古車をディーラーへ下取りに出す場合には実に、たくさんの書類がいるのですが、自動車納税証明書もその内の一つとなります。もし、納税証明書を失くしてしまったときには、税事務所等で再発行を行うことになります。

自動車の関連書類は、失くすことがないように日頃から管理しておくことが大切です。自分の車を売却する場合は、さまざまな知っておくべきことを知っておく必要があるでしょう。
特に、車税に関してのノウハウをつかんでおくことで、手続きを簡単に進められるでしょう。
買取業者と話し合う前に理解しておくことが大切です。

関連記事




Copyright (C) 2014 街角エコステーション All Rights Reserved.